がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜

がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜 > がん保険の基礎知識と選び方 > 独身者のがん保険選びで注目したいポイント

独身者のがん保険選びで注目したいポイント

独身の人達は扶養義務もなく、子供の教育費もかからないことから比較的貯蓄がしやすい傾向にあります。もし貯蓄があるようなら、健康保険からきく治療であれば、急な治療費もそこから賄えることと思います。もし、入院ということになっても、最近は入院も短期になっていることから、貯蓄から出してもよいという人達もいるでしょう。

ここで、問題となってくるのは健康保険がきかない費用が出てくる場合です。
健康保険が適用されないものの一つには先進医療があります。がんの先進医療は特に高額で例えば重粒子線治療は300万円くらいの治療費がかかると言われています。また、がんは通常の病気と違い再発や転移のおそれがあり、入退院を繰り返したりする可能性もあります。

また、入院する時には個室でゆったりと治療に専念したいという人には差額ベッド代も発生します。
ある程度貯蓄がある人にとっては、通常の医療保険よりも高額な出費が予測されるがん保険を優先させて考えるのは賢い方法です。また、このような考え方は独身の人達だけでなく、福利厚生が充実している企業に勤める扶養家族がいる人にとっても有効です。福利厚生が充実している企業の中には、健康保険の高額療養費制度にプラスして、健康保険組合の独自の付加給付があり、自己負担が少なくてすむケースもあります。

自己負担が少なければ、貯蓄から治療費を出すことができますから、この場合も健康保険がきかないようなケースの補償を考えることはいいことです。つまり、大きな企業に勤めている人にとっても、がん保険に優先順位を置いて加入することは大変理にかなっています。

Copyright (C)2017がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜.All rights reserved.