がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜

がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜 > がん保険の基礎知識と選び方 > 大黒柱である世帯主のがん保険は保障の充実したものを

大黒柱である世帯主のがん保険は保障の充実したものを

30代〜50代の男性は家庭内においても社会においても重要な役割を担っている世代です。会社の中では働きざかりの中心世代、家庭においては家族を支える大黒柱という存在でしょう。この重要な役割を担っている世代の人達がもしがんになったら、治療の為に収入は減少するなか、治療費も支払わなければいけません。
そして、多くの家庭では貯蓄があっても「子供の教育資金の為」というように、使用する目的が既に決まっている場合も多く、貯蓄を切り崩して治療費に使用することはできれば回避したいところでしょう。

そのためにもがん保険に加入し、治療費などの保障を確保しておくことをおすすめします。
ではどのようにがん保険を考えるべきでしょう。最近では食生活やライフスタイルの変化から40代前後でもがんの罹患率が上昇しています。家族を経済的に支える人達が治療に専念するためには、家族特にお子さんが自立するまでの期間は特に重点を置いてがん保険に加入するとよいでしょう。その時、治療の方法において先進医療も選択肢に入れたいという人は保険外診療となる高額治療を保障するタイプのものも選ぶとよいでしょう。

自営業など会社員でない人は会社の福利厚生制度を利用できないので、さらに保険は重要になってきます。がん保険についても再発して入退院を繰り返したりする可能性もあるので、診断給付金が充実している内容のものや、実際にかかった治療費分を補償できるようながん保険を選ぶとよいでしょう。

Copyright (C)2017がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜.All rights reserved.