がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜

がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜 > がん保険の基礎知識と選び方 > 主婦のがん保険選びなら家事や育児のコストを考えて

主婦のがん保険選びなら家事や育児のコストを考えて

専業主婦や育児中で子育てに専念している人達は自分の為の保険料に対して、できるだけ費用を削減したいと考えている人も多いのではないでしょうか?このような立場の人達は自分が外で働いて収入を得ているわけではないので、自分自身の保険が手薄になっているケースもよくあります。

しかし、主婦の人達がもしも入院することになったら暮らしはどうなるのでしょうか?まずは家事を行う人が家の中でいなくなってしまいます。ご主人が家事を全てこなせる方ならよいのですが、仕事もある中、全ての家事を万全に行うことは難しいでしょう。食事も外食に頼ったり、惣菜などを買うことも多くなり、費用がかさむことが予想されます。

さらにお子さんが乳児の家庭では、子供を見てもらう人がいなくなります。その為、子供を託児所に預けたり、シッターさんのお世話になることも考えられます。お子さんが幼稚園、保育園などに通っていても、保育園へのお迎え、帰宅までの託児が必要となり、その分の費用が発生します。もちろん、親戚などの援助があるかどうかで状況は変わってきますが、主婦の方が入院する場合は治療費だけでなく、家事や育児ができないとその分相当なコストがかかることが考えられるのです。

特に治療が長引くがんであれば、その費用を軽視してはいけないでしょう。育児真っ最中である場合が多い30代女性はがんの罹患率も高いと言われています。多くの主婦の方は保険料を少しでも抑えたいと考えていると思いますが、もしもの時を考えてちゃんとした保障を確保しておいた方が安心でしょう。

Copyright (C)2017がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜.All rights reserved.