がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜

がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜 > がん保険の基礎知識と選び方 > たくさんあるがん保険から自分にあったものの選び方

たくさんあるがん保険から自分にあったものの選び方

がん保険は、それぞれ特徴があり、保障内容もいろいろあります。その中で自分に合ったものを選ぶには、保障の優先順位を絞り込むことが大切になってきます。

がん診断給付金

まずはまとまったお金が欲しいという人はがん診断給付金を確認しましょう。がんの治療費は治療方法によっては高額になり、百万円単位で支払うケースも出てきます。突然がんと診断された時に誰もが高額な治療費を用意できるわけではありません。しかし、治療費が足りないという理由で治療を諦めてしまうのも悲しいことです。

ですから、がん保険ではがんと診断された時に多額のお金を受け取ることができるようなシステムがあります。それが、「がん診断給付金」です。給付が1回限りという商品や、2年経過していれば再発しても複数回受け取れるなど、条件もさまざまです。

がん入院給付金

がんで入院した際、入院日数に応じて入院給付金が受け取れますが、多くの保険会社では保険日数無制限で受け取れるような保険商品が一般的です。
しかし、中には入院給付金受け取れる日数に制限がある場合があるので、注意が必要です。それはがんという病気は再発の可能性がとても高い病気だからです。

また、商品によっては日本人に多い消化器系のがんの場合は給付金が増額されるものもありますので、特徴をよく調べることをおすすめします。

がん手術給付金

がん保険の手術給付金」とは、がん(悪性新生物)で手術をした場合に、手続きをすることで手術1回あたり20万円や40万円等を保障してくれる給付金です。ほとんどの場合ががん保険入院給付金日額の10・20・40倍に設定されています。例えば、ガン保険入院給付金日額が1万円の場合、がん手術給付金は、1回あたり10・20・40万円になります。手術の費用を補償したい場合はこの項目をよく確認しましょう。

先進医療給付

健康保険の対象外となる先進医療にも対応した商品もありますので、先進医療も考慮したい人はこちらの保障もぜひ確認してみてください。

Copyright (C)2017がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜.All rights reserved.