がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜

がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜 > がん保険の基礎知識と選び方 > がん告知後の気持ちの持ち方とやるべきこと

がん告知後の気持ちの持ち方とやるべきこと

がんの告知を受け、現状を把握した後、毅然としていられる人の方が少ないと思います。誰もが自分や家族、身近な人ががんだとわかったら、「不安」な気持ちを拭い切れないのは当然のことだと思います。しかし、この不安と向き合いながら、「癌(がん)と闘う」という前向きな姿勢になる事が重要です。

不安を乗り越える

がんの告知を受けてから最初のショックからは立ち上がれたとしても、「本当に治るのだろうか」、「治療は長引くのだろうか」という不安はつきまとうものだと思います。そんな時、どのようにこの不安に立ち向かっていくかをアドバイスしたいと思います。

医療者とのコミュニケーション

医療者との良い信頼関係が築ければ、がん治療という困難を乗り越えるためのよいパートナーを得たと言ってもよいでしょう。
しかし、医療者も仕事ですので、全ての患者さんに対して蜜にコミュニケーションをとることは難しいです。もし、治療などで疑問点などがあれば、本気で悩みなどを打ち明けてみましょう。医療者を上手に頼ることが重要です。

家族とのコミュケーション

がん治療は、本人だけでなく、その家族にも精神的負担は大きくかかります。闘病者は自分の心のイラつきを思わず家族にぶつけてしまうこともあるでしょう。

また反対に家族も闘病者に対して看護の愚痴をこぼしてしまうことがあるかもしれません。
しかし、そのようなことは心許しあえる家族だからこそ言えることでもあります。家族でしか取れないコミュニケーションをしっかりとり、信頼関係を深めることが大切です。

仲間を見つける

自分と同じ病気と闘っている仲間を見つけ患者同士の助け合いの場を利用することもおすすめです。がんという病気そのものだけでなく、仕事のことや経済的なことなど、体験者ならではの情報が得られる場合もあります。

Copyright (C)2017がんと闘う備えを準備しよう 〜がん治療とがん保険を考える〜.All rights reserved.